今日のご飯はね
{3E73AE6E-47FD-4647-93FE-50F3F6A03442:01}
豚モモ薄切り肉に新玉ねぎとチーズを巻いたロールかつ



{3E872634-2F46-4449-9F6A-6F61A775A697:01}
豚モモ薄切り肉に塩コショウして、新玉ねぎを1cm位の輪切りにしたものと切れてるチーズを巻いて…



{61FB2F56-C225-4E17-AE6F-8E3DCD62EB3E:01}
小麦粉→卵→パン粉を付けて、少なめの油で揚げ焼きします



{2BCCCFE8-6F91-47BA-AD3D-B9A4A7BC4407:01}
ひっくり返すとこんな感じ~


新玉ねぎが柔らかくってチーズとあうあうーーー‼︎
これは美味しい~~‼︎

切れてるチーズだからとろけでる事もなく一個でも十分食べ応えがあったな



まぐろとアボカドの漬け丼
{921FFF7E-D274-49F5-A753-19398D5C523E:01}
醤油:みりん:お酒=2:1:1

合わせタレを断熱ボールに入れて、レンジで約1分チンして冷めたらタレにまぐろを漬けておく。

あまり漬けすぎるとしょっぱくなるからね~

まぐろとアボカドの組み合わせは間違いないな。

まぐろも鉄分豊富な食材。
アボカドはビタミンCも豊富だからね
組み合わせることで鉄分の吸収アップ‼︎




成長期の子供にとって意識したい食材はカルシウム。
背がのびる時期の子供は骨をつくるのに必要なカルシウム・たんぱく質・ビタミンDが必要です。

カルシウムは牛乳やヨーグルト・チーズなどの乳製品。小魚・大豆製品・卵・海藻類などに多く含まれてます。

ただし、カルシウムって憎たらしくて身体の中で貯蔵出来ない栄養素。
加えて尿や汗で流れやすい。
スポーツする子はしない子より多く摂取する必要があります。

吸収率が最もよいのは乳製品。
でもね、これでも食べた分の半分しかカルシウムは吸収されないんだよ~
困っちゃうね…

だから積極的に食事はもちろん、牛乳やヨーグルトやチーズなどは間食にも取り入れたい食材です。

骨の原料って、たんぱく質とカルシウムでできてるんです。
だからカルシウムだけ…ではなくしっかりとたんぱく質(肉・魚・大豆製品・卵など)とビタミンD(きのこ類が多い)も摂取したいところです。

ビタミンDは日中の太陽の光を浴びる事で体内でも作られます。
外遊びは積極的にさせたいですね。


~ここで豆知識~
カルシウムの摂取でより効果的なのが、ビタミンCとの組み合わせ
ヨーグルトなどはフルーツ(特に柑橘系)と合わせる事でより吸収が良くなりますよ


そして、カルシウムを壊していくのが…
加工食品・インスタント食品・スナック類です

たまーにならもちろん良いけど頻繁には避けたいですね